スポンサーリンク
本日の人気記事
わたしの幸せな結婚

【残念】『わたしの幸せな結婚』幸次さんは平成・令和なら優良物件やで。。。。

 

わたしの幸せな結婚』(わたしのしあわせなけっこん)は、顎木あくみによる日本小説。イラストは月岡月穂が担当している。「小説家にろう」にて連載され、富士見L文庫(KADOKAWA)より2019年1月から刊行されている。2023年3月時点で電子書籍・コミック含むシリーズ累計発行部数は700万部を突破している。…
51キロバイト (7,059 語) – 2023年7月24日 (月) 16:01

(出典 livedoor.blogimg.jp)

 

しかし、時は大正時代。。。

 

200

彡 ⌒ ミ   >>192
(´・ω・`) <いま、薄ハゲって言ったね?

 

203

セーラも貧しく差別されるけど最後は無双しちゃうから

 

205

>>203
アニメだとざまぁ展開が大幅に縮小されてw

 

210

>>197
もうコラボ終わってる
https://contents.kazurasei.co.jp/watakon

 

355

>>210
おいおいおい増産しろよ

 

212

昔はアニメやドラマの創作と現実の区別がつかない残念な人が多かったらしいからな
役者がその手の話したりしてるよな

 

214

>>212
刑事ドラマのクレームを警察署にする話なら聞いたことがある

 

215

>>214
あとNHKにおしんにあげてとお米を贈る人

 

217

久藤家は美世を薄刃家の血筋ということは知らないのに何で婚姻を申し込んだのか
単にロクな嫁候補が来ないから数打てば当たるとでも思ったのか

 

219

>>217
それは「名家の当主なのに何故あんな家に住んでいるのか」という話につながる

 

224

>>217
年頃の令嬢がいる家に話をどんどんもっていった結果

 

223

美世と旦那の*シーンが楽しみです

 

225

>>223
わかる
早くえっちシーン見たい

 

226

思いの外旦那様がイケメンすぎたクールビューティーすぎる
そりゃ
一緒にご飯食べるし気遣ってくれるし櫛まてくれりゃ美世さんも旦那様と一緒に居たいと思うわ
ハイスペックで優しいとか幸二さんには残念だが勝てる要素がなさすぎる

 

233

>>226
幸二さんは
流行りのスイーツや新店情報に詳しく楽しませてくれる
優しくて女性を立ててくれる
長男じゃないから実家への気遣いが少ない
と平成・令和なら優良物件やで

 

243

>>233幸次さんは生まれる時代が悪かった今の時代なら女性人気は高そうだよなぁ
旦那様が完璧すぎるのがあかんかったんや

 

235

守る力も無いのに守ってやるとか言う無責任男いるよね

 

240

>>235
守備力は大事だよな

 

242

三石さんはもうかなりきつい
ババアとは言わんけどうさぎをやっても中年女性の声やな
林原さんはそうでもないけどさすがに数年前やってたロケットに乗る実験体みたいなやつのアニメヒロインは
「なんで今、林原なの????????」とめっちゃ疑問だった

 

248

>>242
あれは綾波キャラだったから、林原で良かったわ

 

244

海外人気もすごいけど、これだけ新旧の名声優が揃ってるのもすごいよね。
惜しいのは作画がもっとよければさらに話題になってただろうね。
まだないけど戦闘シーンに期待だね。

 

259

>>244
え?え?これで作画良くないのか
TVアニメでは最高クラスだと思ったんだけど普段他に何を見てるの

 

265

>>259
1話はよかったけど2話はそうでもないというか普通

 

266

>>265
作画の善し悪しじゃなくで画面の派手さとか背景の豪華さの事を言っていない?

 

343

>>244
> 惜しいのは作画がもっとよければさらに話題になってただろうね。
これで作画が悪いとか言うと世の中に出ている1クールアニメなんてほぼすべて駄目になるぞ
一体作画のどこが悪いのか具体的に言ってみて欲しい

 

260

これ魔術とか出さなくても充分ジメぽくて面白い、むしろ魔術はスパイス程度で頼む

 

262

>>260
異能大戦は3巻からです

 

261

ダンナさまのくるまが良い
タイヤ細くて華奢でかわいい
すこし時代進むとフェンダーとボディがくっついて暑苦し

 

263

>>261
エアバッグもシートベルトもないのに出せば70km出るんだぜ

 

273

対義語は
コウジの不幸せな結婚

 

286

>>273
家のために好きな女とではなく不本意な結婚をしなきゃならないのは
斎森父をなぞっているのかなって
まあ嫁が早死にして好きな女を後妻にできた斎森父と違い
コウジさんの好きな女はもう他のイケメンに取られそうだけど

 

275

原作て挿絵とか一切ないんだな
ラノベとは違う普通の小説てジャンルなん

 

311

>>275
ライト文芸 とか キャラクタ小説 とか言われてる
ラノベと一般文芸の間をねらってるやつね
「カバーにはきれいな人物イラスト、本文には挿絵なし」が基本
文庫本を置いてる本屋ならコーナーができてる
メディアワークス文庫とか講談社タイガとかと一緒にある

 

278

久堂清霞(くどうきよか)な

 

281

>>278
急にどうした?🤔

 

283

>>281
九堂だセイカだいたから気になったんだろう

 

282

うちの婆ちゃん明治46年生まれだったんだけど、若い頃はどんなデートしてたんだろう

 

295

>>282
明治41年生まれの婆さんは会ったことも無い人に嫁がされて生理的に無理で金目の物持って東京に汽車で逃げてきたって生前言ってたw

 

287

これ原作すごい人気なの?
アニメのクオリティ高くね?

 

290

>>287
原作最新巻同士を比べたときに「薬屋のひとりごと」や「本好きの下剋上」よりも売れていると事

 

301

>>290
薬屋より売れてるって凄いんだな
そりゃ予算かけてアニメ作られるわけだ

 

288

そういやデートって昔はなんて言ってたの?
逢引きだとなんか隠れて会ってる感じがするし

 

292

>>288
ランデブー

 

296

>>288
大正は和洋折衷の時代やぞ
モガとかカフェとか

 

303

舞台は美世出ないんだぜ

 

309

>>303
!?

 

306

>>193
遅レスになったけどありがとう!

 

310

>>306
・漫画1~4巻(26話まで)
・【分冊版】27話  ←Amazonとかで買える
・ガンガンアプリ28話-1 ←最新話無料(小説2巻の半分くらい)

アニメは多分小説2巻の最後まで

 

312

父親が美世を嫁に出したのって久堂の要請に一応答えつつ最低限出戻りにしてから辰石の嫁にしないと後妻親子が荒れるから?

 

314

>>312
そこら辺の話は出てくるから待ってるといいよ
現段階ではどっちにもとれるように作ってる

 

313

妹ちゃん後で味方になりそうだよな
ベタだけど

 

324

>>313
おしっこイベントを通過しないとだな

 

325

>>324
おもらし回あるの!?

 

315

パパは作中上位の策士ということか

 

316

>>315
その割にことの顛末は情け無いものだった、取り敢えず漫画4巻まで読んだ方が楽しめるよ

 

322

ラノベ作家よりもなろう系の方が文章の出来が良い場合も多いからね

 

331

>>322
そもそもこの作品もなろう発だろ
規約違反でなろうから削除されたそうだけど

 

327

マルチバースからいろんな幸次さんが集まってきて美世を救おうとする

 

382

>>327
どの世界線の幸次も絶対に失敗するのは分かる

 

329

この作風で異能バトルを導入するとアニオタは拒絶反応起こすんじゃないか
アニオリで異能バトルを無くしてくれてたらいいなあ…

 

335

>>329
異能バトルはさす旦那様する要素だから無理

 

339

原作と一緒に鬼の花嫁というのが並んでたからちら見したら
雰囲気的には似てるか゛人外とか超能力とかこれよりもすごかった
今は女性向けはこういうのが流行りなのか

 

362

>>339
似たようなのがどんどん出てくるのは異世界転生、悪役令嬢と同じ流れ
鬼の花嫁は原作の稚拙なところをコミカライズで大幅に修正されてるから手を出すと失敗するやつ

 

348

夫が軍の偉い人ならそれだけで十分な権力持ってるからなあ

 

349

>>348
階級は少佐

 

353

>>349
佐官は今の会社でいえば部長級

 

363

久堂家→斎森家の縁談話に姉妹の指定とかあったの?
そんな意識全くなかったわ

 

364

>>363
縁談を持ってきた人はそもそも姉の存在は知らなかった

 

366

>>364
知ってはいたけど指定はしなかったが正解

 

377

>>364-366
thx
優秀な妹の代わりに不出来な姉を、みたいのは他所で見たことあるし割とテンプレなんだろうけどこの話ではそんなことなかったよな、と思ったんよ

>>374
ゆり江さんは必要不可欠だな

 

365

>>363
ないよ(小説3巻)

 

375

桑島法子は鬼滅のおかん役で見事なおばさん声やってたから今回は驚かなかったわ
ヒロインやってた人が歳取った演技もできるって稀有だよなあ

 

378

>>375
小山茉美

 

387

>>378
ゆり江「んちゃ! おはよう美世さん。坊ちゃんご機嫌斜め? ほよよ~?」

 

376

あれ?
薄刃家の異能が人心に干渉できる力なら
美世が使えたら親とか継母の態度も操作できたのでは
てことは今後開眼して異能無双はないってことなのか

 

379

>>376
異能を封印されてるだけだぞ

 

383

既にもう幸次さんのこと完全に頭にないよね

 

384

>>383
それ何回も言われてるけどさ、架空の世界とはいえほぼ昔の日本みたいな世界で
家で決められてもうお互いどうにもならない状況なの分かってるのにグダグタ幸次さんを思ってる余裕が美世にあると思うのか?
しかも坊っちゃんは噂と違って優しいイケメンなのに

 

390

当の幸次さんは取り戻す気満々という

 

392

>>390
旦那と別れる気が無くて幸次さん闇落ちとかありそう

 

394

結納やら両家挨拶やらはまだじゃないかな
美世一人で行かせること自体異常だが

 

396

>>394
大正オトメ御伽話もヒロイン一人で嫁ぎ先まで汽車と歩きで訪問していたな

 

397

この世界の片隅に、ではどうだったっけ

 

399

>>397
アレは昭和の戦中の話やろ

 

ABOUT ME
晴さん(haresan)
アニメのまとめブログを運営しています。 男子2児の母、単身赴任で平日ワンオペ子育てと仕事のかたわら、本ブログを運営しています。 Twitterでフォローして頂けると喜びます♪
ピックアップ記事
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です