スポンサーリンク
本日の人気記事
ピックアップ記事
葬送のフリーレン

【ランク】『葬送のフリーレン』みんなの魔力量を数字で表してみた。。。。。

 

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞受賞作。 魔王を倒した勇者一行後日譚を描くファンタジー。…
119キロバイト (18,080 語) – 2023年12月6日 (水) 15:56

(出典 livedoor.blogimg.jp)

 

※あくまでみなさんの予想です。

 

800

黒いゾルトラークって白い防御魔法貫通するけどこれってシューティングゲームの斑鳩みたいな感じか?
黒い防御魔法で防がないといけないのか

 

802

1フェルン=56kg

 

804

>>802
バカ言うな
58kgはある

 

864

>>804
脂肪は筋肉より軽いからなぁ

 

822

リーニエちゃんは一見幼女に見えるけど、現役のアイゼンをその目で見てるんだから少なくとも80歳を越えるBB…(斧を引き摺る音)

 

823

>>822
お前、勇者だなw

 

831

>>822
シュタルクはトシウエ好きのようだな

(出典 i.imgur.com)

 

836

>>822
さすがに幼女には見えんわ
見た目JCくらいだろ

 

830

シュタルクとリーニエで子供作ったら戦士のサラブレッド生まれたのに

 

834

>>830
ドラクエっぽい世界観のこの作品だと
シュタルク(戦士)とフェルン(魔法使い)の子供は
どう考えても勇者(魔法戦士)なるから
下手したら勇者の剣を抜けるぞ

 

832

子供は母性求めるからたいてい大人の女が好きだよ

 

882

>>832
ワイは保育園の頃から綺麗な先生選んで抱きついたり*触ってたで>>871
シュタルクとリーニエの子供かもね(ゲス顔

 

838

流れを無視してすまん。
最近のyoutubeにフリーレンに関連の動画が増えてきて、そこでハイターの魔力が修行500年分の魔力でハイターの魔力がアウラを超えかねない。
という意見が多々あって、納得できないのでちょっと意見を書いてみる。原作をちゃんと読めば、
魔力は鍛錬を積み上げた年月に比例して増加していく。というのは頭打ちがない。
という意味で、0歳時は0で100歳になれば100になる。というものではない。
そもそもの生まれ持った魔力があり、それから鍛錬を積めば頭打ちにならずに増加していくもののはず。

なぜなら
アウラは500年以上生きた魔族だが、
七崩賢になったのは500年前。つまり生まれすぐほとんどの魔族の魔力を超えてた。(恐らくそこそこ魔力の才能がある2、3百年の修行した魔族よりも)
フリーレンは1000年以上生きたエルフだが、
エルフの集落が襲われていた時、魔族の将軍を倒し、フランメからも「すごい魔力」と評価され、
生まれてすぐにアウラほどでないが、かなりの魔力を持っていた。
原作ではそうなっている。
※エルフの集落が襲われたのが1000年前というのは、恐らく全知のシュラハトが予知できるのが千年後までなので、
フリーレンが自分たちに関与する千年前になって初めて「フリーレンというエルフが魔王討伐のキーになる」と未来が見えて、エルフを絶滅させようとしたと思われるから。
また、どうしてフリーレンをピンポイントで狙えないかと言えば、自分達に関与する未来しかみれないからと思われる。
それは、南の勇者が生まれるのを阻止したり、子供のころに*てないことから分かる。

アウラのフリーレンの魔力の見積もりは、
魔力自体はそれほどでもない。鍛錬を積んのは精々あわてて100年と言っている。
「精々」とは、多く見積もってという意味なので、実際は100年分もない。

 

844

>>838
あの説を唱えてる人はアホの極みフリーレンは1000年前に10分の1「以下」から修行をスタートしたのに、なぜ今たった10分の1しか制限度がないと思うのか
昔ハイターと会った時とか100分の1とかに抑えてたとかじゃねーの?
その場面、原作だと細々とした魔力描写があったよ

 

876

>>838
魔力量はともかく、シュラハトの話は違うと思うけどな。シュラハトの予知は確定なんだよね?
行動で未来の結果を変えられるなら、魔王が*れなくて自分も*ない未来になるまで必死になって元凶を潰そうとしてるはずだし、フリーレンの1000年ももっとずっとハードボイルドな人生だったはず。

魔王がエルフの里を襲わせたのは別の理由なんじゃないか。

 

888

>>876
>シュラハトの予知は確定なんだよね?
ちがう。
シュラハトは、同じく未来予知の能力がある南の勇者と、こうやったら未来はこう変わる。
というのを幾万回もやり合った結果、自分と七崩賢3人、それと南の勇者とを相打ちする。という結論で合意して戦っている。

 

839

つづき

しかし、フランメはフリーレンの修行の初めに「魔力の10分の1以下に抑えろ」と言っている。
だったら、フリーレンは今も10分の1に抑えているか、その時の出力のまま一定に保っているかだが、

アウラは、フリーレンの事を「魔力自体はそれほどでもない」と評しており、フランメが評したような「すごい魔力」ではない。
明らかに、1000年前のフリーレンが放出していた魔力より、今の魔力の制限した魔力の方が少ない。
「すごい魔力」から1000年修業して、その10分の1が、1000年前の魔力量より少ないとは考えにくい。

また、、フリーレンの魔力量の少なさから「魔力の才能」はないと思っている。
つまり、アウラはフリーレンの事を「魔力の才能の無い者の100年にも満たない修行の末の魔力」と見積もっているが、
実際は「魔力の才能がかなり高い者が1000年修行した魔力」であり、これは10分の1どころの比率じゃない。

更に、アウラはフリーレンの今の魔力を「80年前と大して変わっていない」と評している。
「魔力の才能がかなり高い者が80年修行した10分の1」も上がっていては、「80年前と大して変わっていない」とは評さない。
なので「80年前と大して変わっていない」とは、誤差程度でしかない。と思われる。

なので、フリーレンは魔力を常に10分の1に制限しているのではなく、1000年前の「すごい魔力」の10分の1の量で制限されて続けていて、
それは、アウラからみて「魔力の才能の無い者の100年にも満たない修行の末の魔力」の魔力量。
ハイターは、その5倍なので、
アウラの「生まれてすぐ七崩賢になれるほどの魔力の才能をもって500年修行した」魔力量に匹敵したり、超えたりするというのは無理があり過ぎる。

 

843

>>838-839
才能や修行量もあるから1年で1増える場合もあれば、サボって0.5や、幼少フェルンが修行に打ち込んだように2以上になる場合もあると考える
未来が見えても出来る事と出来ない事はある
最初に10分の1にしただけで、その後も10分の1のままとは限らない、100分でも1000分でもいい

 

847

>>839
文章で書かずに数字で書きなさい
戦闘力
フリーレン(BC)   30,000
フリーレン(AD)制 56,000
ハイター 150,000
アウラ        180,000
フランメ      200,000
フリーレン(AD)解 560,000

 

861

>>847
ハイター地球人の割につよすぎる
女神の加護で下駄履いてるからか

 

863

>>847
魔族語翻訳乙(原文読んでないので合ってるかわからんがw)

 

873

>>847
ハイター→クリリン
フランメ→界王様
フリーレン→悟空
アウラ→ナッパか?

 

878

>>847

俺はこんな感じだと思う。
アウラはハイターよりずっと強く、フランメはアウラよりずっと強い。
フランメに会う前のフリーレンはアウラよりは弱かったはず。

戦闘力
フリーレン(幼)   250,000
フリーレン(制)  25,000
ハイター 125,000
アウラ        350,000
フランメ      600,000
フリーレン(AD)解 1,250,000

 

845

このフリーレンMADもう見た?
(出典 Youtube)


?si=q97C5E8ZopH50nOx

 

846

>>845
ジャイアンが自害するところだけ面白い
あとは耳障りでクソ

 

870

少年漫画お約束のように魔力を数値化すればよかったんだ

 

883

>>870
アウラ、私の魔力は53万アウラだ

 

880

アウラ、新聞取ってきて

 

881

>>880
ついでに牛乳も

 

886

ぶっちゃけ、フリーレンは1000年以上生きてるって設定は無理過ぎね??

縄文杉かよwww

 

890

>>886
何が無理なんだよアホ

 

891

命の設計図に科学が届いたら寿命って概念は無くなると思う
みんな不死になると人類は滅びそうではあるが

 

892

>>891
それだけ生きる生物はもう二千年くらいで体の分子全部が交換されそう
それは果たして不*のかというテセウスの船的な観点からの新しい哲学的な疑問が湧いてきそう

 

893

ポスター作ったらしい


(出典 pbs.twimg.com)

 

896

>>893
アイゼンがいない
地下坑道を使って先回りしてて欲しかったのに

 

ABOUT ME
晴さん(haresan)
アニメのまとめブログを運営しています。 男子2児の母、単身赴任で平日ワンオペ子育てと仕事のかたわら、本ブログを運営しています。 Twitterでフォローして頂けると喜びます♪
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です