スポンサーリンク
本日の人気記事
ピックアップ記事
薬屋のひとりごと

【壬氏】『薬屋のひとりごと』「猫猫追い詰められて大ピンチ」の場面が、まさか壬氏のセクハラだったとはwwwww

 

薬屋のひとりごと』(くすりやのひとりごと、英語: The Apothecary Diaries、中国語: 药屋少女的呢喃)は、日向夏による日本ライトノベル。 架空中華風帝国を舞台に、後宮に勤める官女が王宮内に巻き起こる事件謎を薬学専門知識で解くミステリー、ファンタジー、ラブコメディ小説である。…
110キロバイト (16,561 語) – 2023年12月11日 (月) 09:25

(出典 times-abema.ismcdn.jp)

 

あれは完全にセクハラでしたねwwww

 

100

漫画で読んだときこんな名探偵猫猫だった印象ないわ
踊るやつがあった気がするけどアニメでやりそう?

 

109

>>100
主語がないとわからんぞ
夢遊病の女が夜踊る話ならやった
猫猫の舞なら、呪いの舞(命名:壬氏)か見送りの舞か、どれの話だ?

 

101

>>98
猫猫はあくまで薬屋であって医者ではないから、黒澤明の赤ひげみたいにならず者の
関節捻ってなぎ倒すようなことは出来ないんじゃないかな。

 

104

>>101
毒蛇をかぶりつかせる健康法とかやりそう

 

105

>>104
サンデーうぇぶりの140話のサ*イ見るとこの世界での蛇の扱いが想像できる

 

102

>>98
「痛かったら言ってくださいねー」ゴキゴキ

なお、言っても止めない

 

111

>>102
薬屋の猫猫が歯医者ムーブを!?

 

112

>>102
最近いった歯医者は
「痛かったら手をあげてくださいねー」
って言われたからあげたら
「我慢してくださいねー」
だって
酷くね?🥺

 

116

>>112
手を上げろと言ってるのだから殴ればよかったのでは

 

107

好奇心は猫猫を*というからな

 

117

>>107
シュレディンガーの猫ならぬ、壬氏の猫猫か。

 

119

好奇心は猫をも*って言うけどそんなに猫って好奇心で*か???みたいな疑問はあるよね

 

129

>>119
欧米では猫は生命を9つ持っているとされてる
そんな猫でも*程生命がいくつあっても足りないということ

 

120

マオマオの親父はアードー妃の子供が*だ責任を取らされて
膝の骨を抜かれて後宮の専属医を解任されて追放されたってこと?

 

126

>>120
話の軸としてはそう
ただ、その裏側とかに色々あってかなーり先まで引きずる

 

125

地位というか力関係であれば玉葉妃に怯えることもないだろうに
イタズラを見つかった犬の如くスタコラ逃げたな壬氏

 

137

>>125
皇后候補NO1と後宮管理者だから、力関係としては玉葉妃が上では?
しかも猫猫は彼女の侍女だし、それを推挙したのが他ならぬ壬氏本人だ

 

142

>>137
玉葉を皇帝の妃に選んでるのも壬氏なんだけどね

序盤で、壬氏が自分になびいたりしない女じゃなきゃいけないって選んでるシーンあったでしょ

 

145

>>142
うん、壬氏には推挙する権限があるだけ
侍女の主人である玉葉妃には猫猫へのセクハラを非難し保護する義務と権利がある
ここら辺は里樹と侍女のいびつな関係との対比でもあるのかもな

 

132

猫猫がオヤジーって言ってるからオヤジ

 

135

>>132
猫猫はオヤジだと思っていたのに元宦官だと判明したので次回からはオカンと呼ぶ

140

お茶会の準備で男(の服装)がたくさん出てきたけど後宮内でのお茶会だよな?どういう状況?

 

144

>>140
宦官が家具とかを運んだり、おもてなし用に部屋の飾りつけをしてるだけでは?

 

143

オヤジについてはちょっとビックリしたが本線の話の繋がりがおれの頭じゃわからん
35と14とか年齢出してたから一瞬イケメン妃とロリ妃は親子?なんて思ったがそういう訳でもなさそうだし
次回解決編!かな?

 

155

>>143
今回は勘のいい奴ならいろいろ気付く回だったと思うぞ
分からなかったら録画・配信で一時停止したり何度も見直してみ

 

147

猫猫「誰かに似ているような…?」

(出典 i.imgur.com)

 

156

>>147
うん似てますねええ

 

163

赤ん坊にはちみつ食わせたら*?

 

194

>>163
1歳未満の乳児に食べさせると*危険がある
今は保健所とかの妊婦講習とかでしっかり教えている
>>164
昔からおばあちゃんの知恵みたいに経験的に知られてはいたみたい
ただし、知らない人も多かった

 

168

映像だと限界があるんだよここらへん
原作・漫画ともに情報過多でいちいち確認しながら話進めている
血縁関係は複雑にしすぎたな。視聴者の先入観が邪魔しちゃってるとこもあるし

 

169

>>168
家系図を示して解説すればいいのにな

 

173

今季最高のアニメみたいに言われてるけど、果たしてそうか?

 

176

>>173
そりゃない
視聴者を極めて選ぶアニメなので

・ドロドロとした人間関係
・アニメではわかりにくい用語
・女向けイキリ系主人公
・ご都合主義な展開
・だらだら回収されずバラまかれる伏線
・無責任に投げっぱなしで終わるエピソード

よほど興味がないと見られない

 

186

>>173
誰も言ってなくて草
全てにおいてシャンフロといい勝負

 

193

>>186
それはない

 

175

原作パワー的には期待度かなり高い
なお

 

177

>>175
ランダムアクセスし易い紙媒体には向いてるだろが、アニメには向かないな

 

191

意味ありげなシーンやセリフがああそういう事だったのかって感じに答え合わせする感じ
説得力あるか、納得いくかどうかはまた別の話w

壬氏に関しては御役目や立場に対して
割と好き勝手やってたのも前振りではあったけどね…

 

195

>>191
壬氏に関しては、園遊会の時点で特別な簪を身につけていた(普段用を猫猫にあげた後につけてた奴)から、ただの暇人宦官ではないのはハッキリしてる

 

192

先週の次回予告の「猫猫追い詰められて大ピンチ」の場面が、まさか壬氏のセクハラだったとは。

邪魔が入らなければ、猫猫指*展開あったのかな。

 

197

>>192
そうしなければ、相手次第では猫猫の首が飛ぶ
玉葉妃の宮殿内だったから命拾いした
猫猫が同じことを壬氏にやっても、やっぱり猫猫の首が飛ぶけど

 

ABOUT ME
晴さん(haresan)
アニメのまとめブログを運営しています。 男子2児の母、単身赴任で平日ワンオペ子育てと仕事のかたわら、本ブログを運営しています。 Twitterでフォローして頂けると喜びます♪
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です