スポンサーリンク
本日の人気記事
ピックアップ記事
葬送のフリーレン

【朗報】『葬送のフリーレン』YOASOBIがOPテーマ「勇者」のライブ映像公開、香港の音楽&アートフェス『Clockenflap』で披露!!!!!

 

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞受賞作。 魔王を倒した勇者一行後日譚を描くファンタジー。 原作担当
124キロバイト (18,764 語) – 2023年12月17日 (日) 22:23

(出典 e.usen.com)

 

最初は雰囲気が合わないと思いましたが、物語が進むにつれてどんどん心に沁みるようになりますねこのOP曲♪

※ニュース記事のほか、下方にも動画・コメントがあります。

 

200

RPGに出てくるのは勇者やんか 日本語では

ところが英語では Hero になってしまう
英雄、勇士、崇拝される人物、(詩・劇・小説などの)主人公、主要人物

どうもちょっと意味が違うんだよな 微妙に違う

 

203

>>200
文字通りブレイブってのがいたはずだが
インデアン限定みたいだ

 

205

勇者って具体的になに?

 

211

>>205
魔法戦士、魔法使いも使えない雷魔法が使える

 

218

>>211
だよね。第1級の戦士なのに魔法もかなり強いってイメージ。
ドラクエの影響かな・・・。
あと魔法戦士のイメージとしては侍かな。
職業はウィザードリィのイメージもあるかな

 

220

>>205
勇気がある

 

206

イラスト集買った人いる?どう?

 

257

>>206
電書だけど、コミックのカラーページやサンデー、webのイラストを集めたもの。
コミックだと章の合間のページの角にあったイラストが拡大されてたり、NETで集めるのも面倒なイラストがつまっている。
まとめてみれるので楽しいと思う私と、既出のもので無駄と思う人と、意見は分かれると思う。

 

258

>>257
買おうかな
作画の人のセンスにハマりそうだ
サンデー最新号のヒンフリが良すぎ

 

265

>>258
コミックで読んでると、どーしても台詞を追ってしまうけど、イラスト集だと、画としてみるから、発見もあるよ。
11巻末に当たるけど、ヒンメルを2度見して驚くフリーレンの表情、よいよ。

 

268

>>265
魔族がよく戦闘描写ガーって騒ぐけど感情をのせる表現の上手さはピカ一だよね

 

272

>>265
ありがとう
お陰で俄然買う気になっている

 

208

(出典 Youtube)

 

209

>>208
なんか音声加工しすぎて全部口パクちゃうか?って思ってしまう。
たとえ本当に歌っていたとしても。

 

214

>>209
ボーカルに関して言えばリミッター+イコライジング+リバーブぐらいで
どっちかというと弄ってない方だと思うぞ。

 

231

>>209
ちゃんと歌ってるよ>>214
昔の浜崎あゆみなんかと比べればほぼ無いよね、てかMステで口パクしてないのなんてバンド系ミュージシャン位だった

 

213

Heroだと1人だけを意味する
The Braveは単複両方に使えるから好ましい

 

216

>>213
なるほどの
ヒンメルだけを称える話ではなく、フリーレン含めメンバー全員の思い出を辿っていく話だもんな

 

221

まあクラスとかジョブとしてはわりと意味不明ではある

 

225

ルーツが同じ村ってだけで瓜二つになるのって血が濃すぎないか?
近親交配繰り返してたのかね、狭い共同体だとよくあるらしいし

 

226

>>225
みんな同じ顔だと思ってる?

 

229

>>225
村といっても戦士の一族みたいなニュアンスだし
全員血縁みたいな感じかと思ってる

 

227

ヒンメルって勇者から転職したあと何やってたんだ?
戦いにも片思いにも疲れてボーっとして縮んでハゲただけか?

 

228

>>227
スカートめくりしたくそガキに会いに行ってるじゃないか

 

233

>>228
それが仕事なのか
戦後処理が仕事か?

 

235

>>233
そうだよ
魔王を倒すより平和を維持するほうが大変なんだよ

 

240

現実で記憶の引き継ぎとかはもしかしたらそのうち出来るようになるかもね 脳に負荷をかけない何かシンギュラリティが発明されて

 

252

>>240
問題はそこに意識の連続性があるかどうか
コピーされた方は連続していると認識するかもしれんが
コピーされる方は結局自分が増えた様には感じないのではないかと

 

241

それ言ったら5億年以上生きてるだろ
遺伝子で繋がってればokなら2万年前に木の股から生まれたわけじゃないし

 

242

>>241
そう考えると生命って凄いよな
生まれた時の赤ん坊のときの細胞は今の自分には一つもないんだよ
常に新しく入れ替わってる
ところが細胞が老化して新しく作られなくなっていくんだよな
無限に細胞分裂してくれればエルフのように何千年も生きられるようになるのに

 

250

>>242
脳や神経の細胞は生まれ変わらんぞ

 

243

けっこうゲームとかアニメのネタってそんなん無理だろと思ってたら20年くらいで実用されてたりするから怖ろしい

 

247

>>243
特にAIな
手塚治虫の世界が現実化していって怖い
このままだと火の鳥のように人類はAIで絶滅しそう

 

249

アウラ最後に自害する時涙目でかわいそうに思えたけど今までやって来た事思えばしょうが無いな

 

251

>>249
アウラは、ある意味ヒトラーとかよりひどいことして来たからな

 

253

>>249
魔族、涙を流す感情があるんだな

 

254

>>253
そりゃ感情はあるぞ
価値観とか倫理観が決定的に異なるだけで

 

287

>>254
この話もおかしいと思ったな
倫理観が違っても知能はあるわけだから共存は不可能じゃないだろ
もっと知性の無い野獣ならともかく
魔族も群れて強い奴がリーダーになってるわけだろ?
だったらそのリーダーが人間を*なと命じるだけでいいわけで
逆らったら皆*にするぞと脅*だけでいいじゃん人間の世界だって倫理観は人それぞれだよ
殺人したい人もいるけど、やったら死刑になるからやらないだけだろ

 

289

>>287
で魔族は何を食うんだ?
魔族レストランで「お肉お待ちどう!(何の肉かは不明)」とでもやるんか?

 

256

>>253
極度のサイコパスのように一部の感情や倫理観が欠損してるだけで、魔族にも喜怒哀楽など感情は普通にある

 

269

>>256
フリーレンって実は魔族じゃね

 

271

>>269
フリーレンがアウラと自分は違うみたいな態度取ってたけど、昔は操られた兵士を容赦無く倒してたんだから根は魔族だよね

 

273

>>271
フリーレンが昔吹き飛ばしてた操られた兵士だけどその時点でもう首から上ないからまあいいかなと…
俺も魔族かもw
ヒンメルとシュタルクとフェルンに怒られるな

 

259

あ、でも熊も魔族も、人間を生きたままバリバリ食べるんだな

 

260

>>259
フリーレンは言葉を使うだけの猛獣だってそう言ってる
喋る熊、喋るライオン
熊と共存できるはずカワイソウダーという人がリアルに定期的に現れるのも似てる

 

261

>>260
わかる
田舎ものと熊なら、熊の方が生きて欲しい
日本の生態系は大切

 

286

>>261
お前は何を言ってるんだ?

 

292

>>286
日本人 1億2500万人
日本熊 3000頭熊のほうが価値が高い
大切

 

298

>>292
ほならお前から餌になってやれよ

 

264

魔族の定義はわかるけど魔族がなんなのかいつか明かされるんだろうか

 

266

>>264
生物って基本的に繁殖を目的にしてるのにそういう事しないから生物じゃなさそう
説得力のある存在意義もなさそうまるで勇者パーティの引き立て役になるために生まれたかのような存在

 

274

公式が紹介したグッズが片っ端から売り切れていくのすげーな
カードケースもクルトガもあっという間に売り切れになってた

 

288

>>274
12巻特装版は2日前に発売されて発売日にはほとんど無くなってたみたい
ガチャガチャも売り切れ続出

 

291

>>274
ガチャガチャ無くてクリアビジュアルポスター引いてきたわ アレもそのうち売り切れんだろな

 

297

>>291
値段の高いフィギュアや時計は流石にまだ残ってるかけもフレブーム時にリアルサーバルキャット、宝石の国ブーム時にリアルフォスフォフィライトを購入した猛者がいたな

 

281

フリーレンてエルフ界の発達(気味)じゃなかろうかって・・・
クラフトとかこれから出てくる女エルフ見たらそう思っちゃった

 

282

>>281
エルフの中で元々発達気味と言うよりは感情が育つべき時期にそれを育てるべき同族の大人がみんな*れてひとりぼっち
っていうのは大きいと思うよ

 

290

アーニャ=幼女時代のアウラ説

 

295

>>290
戻して

 

ABOUT ME
晴さん(haresan)
アニメのまとめブログを運営しています。 男子2児の母、単身赴任で平日ワンオペ子育てと仕事のかたわら、本ブログを運営しています。 Twitterでフォローして頂けると喜びます♪
ピックアップ記事
関連する記事