スポンサーリンク
本日の人気記事
ピックアップ記事
葬送のフリーレン

【残念】『葬送のフリーレン』過去回想にハイターは酒飲んでるシーンしかないぞ……………

 

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン、英: Frieren: Beyond Journey’s End)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞受賞作。…
111キロバイト (17,140 語) – 2023年11月3日 (金) 14:45

(出典 times-abema.ismcdn.jp)

 

どんな風にすごかったのか確かに気になるところですね!

 

6

>>1
今期覇権z

 

9

>>1

ほとんどの魔族ってヒンメルの死後に再び動き出してるんだっけ

 

12

>>9
ほとんどかどうかは知らんが、アウラはヒンメル死後に再始動

 

8

魔族もなめぷしすぎてて萎えるな
慎重勇者の魔族はあんな甘くなかったぞ

 

15

>>8
人類に負けた後の戦なのに舐プだもんな

 

16

ヒンメル(勇者)とアイゼン(戦士)ってどう役割が違うんやろ。
戦士はタフネス(頑丈さ)が強い?
勇者はアジリティ(俊敏性)が高い?
アイゼンも大概速そうやけど。

 

19

>>16
勇者はコミュ力高そう

 

26

>>19
フリーレンがカキ氷作ってるときに、
アイゼンに対して「まあまあ、ちょっとくらいええやん」
的な事言ってたしな(笑)

 

22

>>16
同じじゃないのかな
ってかヒンメルも戦士だけど、魔王討伐パーティを率いた勇敢な者で”勇者”と呼ばれてるんでは

 

41

>>16
ドラクエやればわかる

 

20

あと、どうでもええけど戦闘シーンのアイリッシュ?ケルト?なんかその辺の音楽っぽいBGMめっちゃ好き❤
早よサントラ出せや!

 

28

>>20
確かにBGMは雰囲気もあってていいな

 

36

>>28
早よ買いたい。
買って仕事中に聴きたい。

フリーレンは円盤とサントラ買いたい。
でも2クールやと25話くらい?
13枚組とか嵩張るのはイヤやな。
1枚に4話ずつくらい入るやろうから、
7枚組くらいに納めてほしい。

 

38

>>36
全28話でBD7枚だよ
公式サイトにもう出てる

 

59

>>38
もう予約できるんや!
thx

まあまあええ値段しよるな(汗)
でもまあ頑張って売り上げに貢献するは(笑)

 

65

>>38
てっきり24話かと思ってたら28話もあるんだ
最初の3話ブーストが効いてんのかな

 

21

なんか雑魚が普通に油断で雑魚らしく*だだけで萎えたな
一話使うならもう少し考えてくれよ

 

23

>>21
じゃあ二度と観るな
そもそも、おまえのようなガイジが観るような作品では無い

 

25

>>21
呪術廻戦とワンピースだけみてろや

 

27

なんでグラウンドに倒した相手に追い打ちかけて首を刈らないんだ
慎重勇者なら刈ったあとに灰になるまで燃やす位するぞ。
*合いで地面に叩きつけたか倒したらその時点で試合終了だからいちいちなめぷして少年漫画的展開にしてほしくないんだよな
特にこの作品は。 悪としての設定がいいんだからさ

 

35

>>27
DIO「その通りだフフフ」

 

47

>>27
リーニエは手間を惜しむタイプの合理主義者(怠惰寄り)なんじゃね
模倣魔法も精度が高いの作れば後は強い奴観るだけでいいから手間かからないとかかもしれん

 

34

物理モデリング付きのCGの例 スカート

(出典 Youtube)
&t=950s

物理モデリングというのは、物理の方程式を解いて物の動きを決めること
上の例では、スカートの動きを決めるのに使っている
だから動きがリアルになっている

 

49

>>34
物理モデリングというか物理シミュレーションな
セッティング大変だったり思い通りに演出するのが難しいんだよ

 

93

>>49
物理モデリングでも合ってる
調べてくれ

 

39

ハイターって何のために勇者パーティーにいたんだろうな
ヒンメル、フリーレン、アイゼンが強いのは過去回想で分かったけれどハイターは酒飲んでるシーンしかないぞ

 

44

>>39
回復・支援役に決まってるだろ?
周りが化け物過ぎて目立ってないだけで
ハイター超有能だからね?

 

45

>>39
原作でわかる
アニメの範囲ではわからん

 

46

>>39
あいつマジやばい魔法使えるから

 

57

>>46
敵が全員泥酔する魔法とか?
過度な飲酒はその仕込み

 

63

>>57
そんなレベルじゃない
と言うかヒンメルパーティはフリーレンが一番下疑惑あるくらいには壊れしかいない

 

81

>>63
今回の旅先で、今一つフリーレンの名前が売れてない理由はその辺かな

80年前は、傍目にはヒンメルが連れ回して社会復帰を手伝ってる引籠りの子供というか

 

58

>>39
原作組だが、ハイターは化け物だよ
パーティ随一の化け物説すらある

 

79

>>39
肝臓の強さは間違いなく化け物

 

85

>>39
戦士:接近戦 頑丈
魔法使い:魔法攻撃
僧侶:魔法による回復と防御
勇者:全て出来るが特化した職業には劣る器用貧乏

 

48

部下が街の精鋭を秒殺できるほど敵なしなのに
アウラって28年も何してて何がしたかったんだろうなw

 

67

>>48
結界は破れないから討伐隊や旅人や行商人や護衛狩ってたんじゃない

 

54

フェルン強いなーこんな逸材をたまたま見つけられたハイターって凄いラッキーだったな

 

56

>>54
まあフェルンを作ったのは個体差というより境遇じゃねえかと
子どもの頃の不遇を抱えて魔法の修行に打ち込んだ
そしてハイターにその姿を見せるために早く強くなる必要があった

 

55

リーニエやっつけたけどシュタルクあれで*だんじゃないの? 横腹から血どばどば出てるし

 

90

>>55
あの一撃はそこまでの攻撃力は無いと思う(血がドバドバはアニメ的な演出ってことでご愛嬌w)
これまでの戦闘を見て理解る通り、あの斧はクソ重いから柄を短く持って横に薙いだ程度じゃ十分な火力が出ない
ダンベルをぶつけたくらいな感じ。いやまぁ十分骨折る威力はあるけどw

 

92

>>55
シュタルク「超回復状態!」

 

64

実は酔拳を使う前衛上等のハイター

 

73

>>64
フェルンはヘビー級ボクサー並みに重いパンチを軽量級の素早さで繰り出しそう

 

89

>>73
リーニエの斧をフェルンが振ったらシュタルク真っ二つだろうなw

「体重が乗った重い一撃だ… 師匠よりキツい…」
「*前に訂正してください」

 

69

エバン・コール(Evan Call、1988年6月29日 – )は、アメリカ・カリフォルニア州出身の日本で活動する作曲家・編曲家。ミラクル・バス所属。
バークリー音楽大学映画音楽作曲科卒業

バークリー音楽大学を卒業後はハリウッドで映画音楽の道に進むか悩んだが、ジャンルの多様な日本の音楽業界での成功を目指し、観光ビザで来日する。3か月間の滞在期間中、シェアハウスのルームメイトの友人を介してElements Gardenに加入[2]、2012年より日本にて作曲活動を開始・活動していたが、2016年6月30日を以て脱退[4]。以後は、ミラクル・バスに所属している。

2022年にはNHK大河ドラマ第61作目作品『鎌倉殿の13人』の音楽を担当。第1回放送では最終盤の劇伴音楽にドヴォルザーク作曲の交響曲第9番『新世界より』を用いて、その斬新さが話題となった[5]。なお、本人曰く、『新世界より』の使用は演出の吉田照幸からの強い要望だったとのこと。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンでこの人知ったけど、才能あるよね

 

76

>>69
いや流石に鎌倉殿でドヴォルザーク「新世界」きたときは笑ったぞ

 

70

リーニエってガキみたいな扱いだけどアイゼンとも戦ってるロリ*なんだよな
というか何でリーニエもリュグナーもアウラも負けたのに生きてるんだ

 

100

>>70
リーニエは
×ハイターと戦った
○ハイターが戦っているのを目撃した
だな。

↓リーニエちゃん

(出典 i.imgur.com)

 

74

新世界よりはアムリッツア星域会戦のテーマだから安易に使ってほしくないな

 

84

>>74
あれはそもそもホームシックの曲だけどな

 

82

物理シミュの話出てるけど
物理シミュ→トレスor見て描くなんてやるなら動画でも撮ってやると思うよ
後から弄って使い回したりせずに1回こっきりに物理シミュやるメリットがないよ

 

87

>>82

 

97

>>82
俺もそう思う
更に布1枚が垂れ下がっただけのスカートに比べて上着を着るのはかなりハードルが高いと思う

 

91

シュタルクが負けなかった理由がいまいち納得いかない

 

95

>>91
リーニエがアイゼンの技使ってくるから
アイゼン並みに強いと勘違いしてたら
なんかやたらと攻撃が軽くて
「アレ? コレまともに食らっても平気じゃね?」
で捨て身カウンター入れたら余裕で勝てました

 

ABOUT ME
晴さん(haresan)
アニメのまとめブログを運営しています。 男子2児の母、単身赴任で平日ワンオペ子育てと仕事のかたわら、本ブログを運営しています。 Twitterでフォローして頂けると喜びます♪
ピックアップ記事
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です