スポンサーリンク
本日の人気記事
ピックアップ記事
葬送のフリーレン

【期待】『葬送のフリーレン』若いシュタルクとフェルンがそろったということは…………

 

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン、英: Frieren: Beyond Journey’s End)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞受賞作。…
107キロバイト (16,958 語) – 2023年10月15日 (日) 16:49

(出典 asset.watch.impress.co.jp)

 

ラブか!?ラブが入るのか!?!?!?

 

100

>>94
6巻19ページにあるな

 

104

>>100
あぁ、そこもあったあった。
今2巻の13話あたりだからそれも終盤やなww

 

101

ミミックってフリーレンじゃなかったらえぐい事になってんのかな

 

108

>>101
エルフはいいダシが出るからすぐには食われない

 

132

>>108
都昆布みたいなものか^^

 

112

1000年前は魔王城の土地ではなかったんだろうし(師匠が自分で行った発言から)
場所の指定が物騒なのはただの偶然なのかね

 

153

>>112
この作品の構成が、「長編 → 1話完結 → 長編」みたい感じだからスローペースに感じるのはまぁ、その通りです。
1話完結も、複数回挟まる時がある*。
ただ、その1話完結の内容がどれか一つでもブッ刺さると、この構成が癖になる。

今回でいうBパートはシュタルク加入したばっかだから、メタ的にはシュタルクメインの説明というか深掘りする内容だったから、まだシュタルクになんもない人とかは退屈かもね。

ただ、敢えて自分の面白いポイントを伝えるならば、関所突破の為に奔走したけど、結局ダメで、塀の上で北の大地を見ながらシュタルクとフェルンが話すシーンがあるじゃろ?
そこで、シュタルクがアイゼンとの思い出をフェルンに話した後、「師匠は長い人生の中のたった十年の冒険を何よりも大切にしていた。きっとフリーレンだってそうなんだろう。」
って言った後のフェルンが「…どうでしょうか。」の言ったコマの表情(アニメだと声)が、優しくそっと笑っているのよ。(漫画はかなり良き)
これって恐らく、フェルンはフリーレンと今までの旅の中で直接大切にしているみたいなことをフリーレンの口から聞いたことがないけど、今までの行動(アニメ2話の蒼月草のくだり)とかを見て同じだと感じたからなんだと思っている。

(出典 i.imgur.com)

次に、シュタルクが「俺に出来る恩返しはこのくらいだからさ。あんまりのんびりしていると師匠が*じまうんだ。」っていったこのセリフってまんまフェルンとハイターのくだりまんまなんだよね。
フェルンもハイターが*前にに1人前になろうとしたアニメ1話ね。
んでその時のフェルンの表情の動きがすげぇいいのよ(こっちはアニメのほうがかなり良きだから是非見返してほしいね)

この作品はこういう、重ねてくる演出(ストーリーの構成)が意図的にあって(これからもある)これに気づいた時が楽しいんだこれが。

 

115

「ちっさ」の一言でこんだけスレ回せるお前らすげーな

 

117

>>115
*最高!だとか*は正義だ!とか言う重みが
今と昔じゃちょっと変わってしまったのかもしれないね

 

119

>>115
おっとりしたキャラかと思ったらギャップがたまらんかった

 

118

今回のBパート内容無さすぎじゃない?
わざわざこの話アニメ化せずに他の話やったほうが良かったのでは

 

127

>>118
ストーリー的に大きな動きがないからな
Bパートは精緻なアクション
そして細かい表情や所作で見事に描かれる人物像
アニメイテッドの真髄を楽しむオタク向けパートだ

 

123

俺がフリーレンなら生理が無くなる魔法を真っ先に探すな

 

125

>>123
そんなもんあったら人類が滅んでしまう

 

126

>>123は妊娠しました

 

130

>>123
周期3年くらいやろしあんま気にならんのちゃう

 

133

>>130
そのかわり何ヶ月も続くんだぜ?

 

134

>>130
周期29年だと思うぞ・・・。

 

135

竜はシュタルクに惚れたから攻撃しない美少女だって想像していた海外勢がいたな

 

139

>>135
日本アニメに毒されてるなw

 

143

時間稼ぎもう始まってるんだから早く攻撃してあげようよ

 

177

>>143
どう考えてもあんたの解釈違い
しかもメディアの違いすら理解してない

 

145

フェルンがどこかで男に惚れてグダグダチンタラなフリーレンの元を去る日は来るのだろうか
毎回ロング滞在で不機嫌フェルンって展開は飽きるんだがな

 

150

>>145
ないね
フェルンはハイター至上主義だから
ハイターからフリーレンに付いていく(連れていく)のを頼まれた以上完遂するまでフリーレンから離れない

 

146

師匠が弟子に恐怖してボコボコにしちゃったって他でもどっかで見た気がするんだが何だったかな

 

149

原作だと本当に一瞬だったからそもそもフリーレン達は何もできなかったけんだよな

 

158

>>149
シュタルクは「一つ約束してくれないか。俺が途中で*だとしても、竜は必ず仕留めてほしいんだ」と言ってたよね。
最初から勝てる自信なんて無かったんだよ。
だから「たとえ自分が犠牲になっても」と、フリーレンに託した。
だから合理的な選択として「1秒で勝負」はあり得ない。
それだとパーティ全滅のリスクが大きすぎる。

シュタルクの立場になって合理的に考えると、とにかく30秒間の時間は稼ぐ。
もしチャンスがあれば自力で竜を仕留める。
無理ならフリーレンとフェルンで竜を仕留めてもらう(自身の生死は問わない)。
こんなところか。

何れにしても30秒の時間稼ぎは必須。
自身の生死に関係なく、とにかく30秒間の時間稼ぎをしに来たんだと思う。
到着が遅れたのは、村人たちに元気な顔を見せに行ってたんじゃないのかな。
もう2度と会えないかもしれないので。
*覚悟をして、フリーレンの前に現れたんだと思うよ。

まあ、所詮漫画だけど、俺はそう思ってる。

 

151

若いシュタルクとフェルンがそろったということは…今後はラッキースケベ的なエッチな展開がっ!

 

162

>>151
しかしこれから向かうのは北の雪国ッ
南なら水着回があったのに・・・

 

169

>>162
下着で水浴びはもうやっただろ
あれが一番のセクシーシーン

 

170

>>169
ハイターのふんどししか記憶に残ってねえぞw

 

161

30秒足止めするのと、崖の上から不意打ちで攻撃するのとの違いがわからないので、フリーレン様の作戦は謎だ。崖の上で大魔法の準備をしてるわけでもなかったし。
まあ「シュタルク勝てるでしょ」って楽観的なAプランだけで挑んだってことなんやろけど。

 

167

>>161
フェルンに一般攻撃魔法撃たせるだけじゃない

 

188

>>167
だけどゾルトラークでも竜の鱗の前では歯が立たないからあの世界は物理攻撃の方が有効打なんだろうな

 

191

>>188
ひょっとしたら念動力での拘束魔法だったかもしれないぞ

 

166


(出典 coco-store.jp)
?v=1697099109
にこやかなフリーレン様

 

171

>>166
もっと枯れた感じで

 

174

>>166
なんか眉毛が2つあるように見える
ひょっとして俺が麻呂眉と思ってるのは邪眼でピンチになれば開眼してパワーアップと*るのか

 

194

>>174
邪眼麻呂眉w
しっぺいくんみたいですごく怖いw

 

183

>>166
腕が3本ある仕様かな?

 

175

まあクソババアの本気魔法ならドラゴン倒せるとは思う お前が足止めしないと無理だからってのも実力出させる為の方便なんじゃね

 

181

>>175
シュタルクなら30秒で倒せると見切ったから30秒間手出しをしなかったのだろうな。

 

186

>>181
まあどっちもハイターとアイゼンからの預かりものだからある程度は修行も兼ねてんだろね いざとなれば助けるだろうし

 

179

昼間から読んでいたが、このアニメにはアスペを引き寄せる何かがあるのかね?

 

184

>>179
フリーレンで喜んでる奴がいる→フリーレンが面白くない俺凄い

何を言ってるか解らないと思うが大体こんな感じだ

 

189

こんなヤベーやつ実在するのん??


(出典 i.imgur.com)

 

192

>>189
ネットはこんなやつばっかだなぁって事で割り切ってる

 

193

>>189
ラストまで完走している奴がこのスレにもいる^^

 

195

>>189
ネットでこれやってる9割くらいは釣りだと思ってる 問題は現実でごく稀にいる事…

 

190

魔導書欲しいなら海岸掃除した魔法で取れたよね

 

199

>>190
紅鏡竜は魔力に敏感だから近くではバレてしまう
よしんば奪えて逃げたとしてもないのがわかれば魔力の痕跡をGPSにして追跡されそう

 

ABOUT ME
晴さん(haresan)
アニメのまとめブログを運営しています。 男子2児の母、単身赴任で平日ワンオペ子育てと仕事のかたわら、本ブログを運営しています。 Twitterでフォローして頂けると喜びます♪
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です