スポンサーリンク
本日の人気記事
ピックアップ記事
葬送のフリーレン

【不満】『葬送のフリーレン』ギャグシーンはもう少し演出を控えて欲しいかな……………

 

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン、英: Frieren: Beyond Journey’s End)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞受賞作。…
111キロバイト (17,140 語) – 2023年11月3日 (金) 14:45

(出典 assets.st-note.com)

 

あんまり抑えると分かんなくなっちゃいそうなのが難点ですかね。

 

800

フェルンだけ透かせるのズルくない?
見たなら見せるのが礼儀だよね?

 

801

もしくは視聴者のレベルが下がっていて俺の最高のアニメが評価されていないってことかな?
こっちなら原作批判はしてなくて見ている視聴者の批判をしているだけ

 

802

>>801
俺も >>777 と解釈した

ともかく、こういうのは本人に意図を確認するのが確実

 

806

>>801
たしかに、>>785のような大*ぶりを晒す視聴者が増えたのかもしれな

 

804

>>798
そこまではおれに聞かれても分からんよ
本人に聞いてみてくれ

 

814

>>804
ああすまん
解釈を書いただけで正解を答えろという意味じゃない

 

808

>>749
本数が異常に増えて低レベルな作品も多いのは確かだけどそれ以前の作品がフリーレベルが普通だったとも思えないなあ

 

812

>>808
フリーレンレベルが標準ならアニメ視聴増えすぎて寝不足になるな

 

819

やさしい魔族だったな

 

846

>>819
むしろフェルンとシュタルクが鬼畜だったのではw

 

820

アウラの周りって首無しばっかだけど
天秤の魔法って意外としょぼいのかね

 

827

>>820
アウラはリスクを減らす為に問答無用で首斬ってるんでしょ
むしろ、首斬った死体を生きてるかのように都合良く動かせるんだからヤバい魔法だわ

 

828

「俺らの若い頃はこんなもんじゃなかった 今のやつらはなってない」は
もう人類のDNAに組み込まれてるんだろ いちいち気にしたってしょうがない
なんなら運動部に入ってる中学生でも下級生に対して同じこと言うからな

 

836

>>828
古代エジプトの楔形文字を解読したら「最近の若い者は」って書いてあったらしい。
(まあこらはネタらしいけど、如何にも書いてそうでしょ?)

 

841

>>828
フリーレンも「今の魔族は駄目だね、実戦経験が少な過ぎる」つってたな

 

845

>>841
それはたぶん事実なのでは?

>>828
プロ野球の某老害が「軟弱な今の投手と違い、ワシの若い頃は毎日でも投げたんもんだ!球速も170kmは出てたな!」と吼えてるのと似てるのかもな

 

852

>>845
せやな

 

871

>>845
ふと思ったけどもしかしたら佐藤氏は作品の質の話をしてるんじゃなくて製作体制とかスケジュールの話をしてるのかもしれない

 

872

>>871
そうかもしれんが、個人的には「昔ながらのアナログ的な作画手法」にこどわってるような気がする
最近は安易なCGによる背景だのモデリングだのアニメーションだのエフェクトだの当たり前だからな

 

873

>>871
そうかもしれんが、個人的に佐藤氏は「昔ながらのアナログ的な作画手法」にこだわってるような気がする
最近は安易なCGによる背景だのモデリングだのアニメーションだのエフェクトだのが当たり前だからな

 

830

アウラって本人が強いのではなくて天秤がチートアイテムなだけだよね

 

832

>>830
天秤はアイテムじゃなくてアウラの魔法だよ
本人の能力

 

858

>>830にツッコんでもスルーしてこれ>>850だから
とりあえずいっちょ噛み文句言いたいだけだと思うよ
多分SNSで断片見ただけとかで観てもないでしょ

 

835

しかし天秤はどう見ても一対一の魔法だから
相手を一人にしないといけないよな
格上の相手には自爆だし
使い勝手はあまりよくなそう

 

839

>>835
魔力的には強いんだろうけど自分が動くのは嫌うタイプなんだろな
勇者パーティからはアッサリ逃げたと

 

848

>>835
アウラの真価は後方で補佐に回った時と言う説もある
あの天秤は防御や回避が不可能なので、後方で強い連中からどんどん服従させ始めたら厄介すぎる

 

850

絶対服従能力があるなら王様や領主を手下にすればいいだけだもんな
アウラはひょっとしてアホの子なのか

 

854

>>850
わかってないなら文句並べなきゃいいのに

 

855

>>850
おまえアホだろ?
フランメの防護結界のせいで、魔族は伯爵領の中に入れないのを忘れたのか?
地方の都市でさえそうなんだから、王都なんかはめちゃくちゃ対魔族セキュリティーが堅いに決まってる

 

851

ドラゴンとリュグナーはどちらが強いのか

 

853

>>851
ドラゴンが圧倒的に強そう。
血の刃じゃ傷もつかないのではなかろうか?

 

856

>>851
相手によるのでは?
戦士相手ならリュグナーで、魔法使い相手ならドラゴン

そもそもドラゴンもピンきりだろうが、
たぶんシュタルクが倒した奴には魔法耐性があった

 

857

なんで魔族側は三分の一吹き飛ばされても
魔法でサクッと回復出来るのに
人間側は包帯グルグル巻きの現実よりの治療しか出来ないの?
攻撃魔法みたいに真似しろよ

 

862

>>857
魔族「人間も魔族の真似して*だら消えるようになったは困るわ」

 

864

>>857
魔族は身体能力、耐久力、回復力などが人間とは段違い

 

889

>>857
女神の魔法を使う僧侶がフリーレンパーティにいないだけ
勇者パーティが無欠損だったのはハイターがクソ優秀だったんだろう

 

892

>>889
ハイターはなぜフェルンを僧侶にしなかったんだろう

 

863

>>754
原作では「くっ!!」というセリフと歪んだ表情の一コマがある
会話時無表情なのは同じ
フェルンvsリュグナーは、アニメでは完全にフェルンが圧倒的でリュグナーの攻撃を尽く撃ち落としていたけれど、原作では防御魔法の部分展開で防御しながらも右腕に被弾したりしている

 

865

>>863
アニメのフェルン、原作より強く見えるよな
シュタルクは変わらんが

 

868

>>865
漫画では手数ではリュグナーが多い感じだね
アニメだと一方的にやられた雑魚って感じだけれど
シュタルクとリーニエだと、逆にリーニエに斧使いやコピー技等盛り盛り

 

869

>>868
つまり、女の子キャラを盛ると言うのが監督判断かもな

 

874

次回終わったら超地味なエピソード続くがアニメならではの演出ブースト楽しみやなー

 

884

>>874
言うほど地味か???
少なくとも、序盤よりは起伏あるエピソードが多いだろ

 

876

原作通りだと断頭台のアヤナが実際にはラスボスであとは地味な話が続くから後半は高評価から一転して視聴中止勢が増えそうだね

 

880

>>876
さっきから的外れなことだけ言ってるけどそういう縛りプレイなの?

 

885

>>876
そう言う大ウソでネガキャンするのって楽しいか?

 

887

>>885
原作期読者も多いだろう場で、自分の滑稽さを自覚できてない愚かを笑ってやるのが優しさってものよ。

 

882

原作膨らますのがうまい監督って印象

 

883

>>882
ただ、ギャグシーンはもう少し演出を控えて欲しいかな
原作は集中線が入るくらいで、大ゴマでバーン!という作風ではないので

 

888

>>883
原作だとサラッと会話でやってるのを
ギャグですよ!って強調し過ぎな感はあるね

 

890

>>888
これまでアニメの演出でやや違和感があったのは、第7話のAパートかな
回想シーンで勇者一行の前で大きな魔物が大袈裟なアクションを取る所と、銅像を作ってもらう時のヒンメルのイケメンアピールの所
あの二つ演出はお子さま向け感があったから、もっと控え目にさりげなく表現して欲しかった

 

893

リュグナーは左腕吹き飛ばされても生きていたのに
リーニエは胴体の左側5分の一くらい削ぎ落とされただけで*だのはどうして?(;´Д`)

 

897

>>893
あんときぉリーニエたんだったら*でた言われてたじゃん
体質違うんでしょ

 

899

>>893
魔族は心臓が弱点
リーニエは血流止まったら*
リュグナーは血を操って生き延びれる

たぶんリュグナーがフリーレンに見つかっても生き延びたのはフリーレンが心臓ぶち抜いて去ったんだろうな

 

895

フェルンの素養は魔法使いだし・・・
女神の魔法の仕様見るに僧侶は僧侶でまた特別な才能が要る

 

898

>>895
そもそも僧侶と魔法使いのもつ魔力は別のものなの?
ハイターが初めてフリーレンにあったとき、ワタシの魔力の1/5だとかいってなかった?

 

ABOUT ME
晴さん(haresan)
アニメのまとめブログを運営しています。 男子2児の母、単身赴任で平日ワンオペ子育てと仕事のかたわら、本ブログを運営しています。 Twitterでフォローして頂けると喜びます♪
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です