スポンサーリンク
本日の人気記事
ピックアップ記事
葬送のフリーレン

【そこ】『葬送のフリーレン』このアニメ化で目立つ改変、左右や前後などイマジナリーラインが変更されまくってる

 

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン、英: Frieren: Beyond Journey’s End)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞受賞作。…
111キロバイト (17,140 語) – 2023年11月3日 (金) 14:45

(出典 blog-imgs-169.fc2.com)

 

些細なことですが重なると大きなものに?????

 

100

日常は面白かったけど戦闘に入ってからイマイチ
あんま戦闘が上手い作者ではないな

 

102

>>92
アウラ編の初期の頃から強調されてるけど人間と魔族とでは価値観や倫理観が違いすぎるので共存は最初から不可能だったのでは?

 

116

>>102
魔族の言う共存は人間が食肉用に牛や豚を飼うようなもの

 

103

 

107

>>103
こいつら*た人類許せねーわ

 

114

>>103
リーリエは一応上司だから様をつけてただけでシュタルクが逃げてる時に逃げてるシュタルクにも、いつもは邪魔すると怒る癖に手助け頼んできたリュグナーにもイライラして本質的には全てを見下してたのかわいいね

 

115

>>103
フリーレンという作品自体はこういういい風に仕立て上げる甘ったれたモンに冷水ぶっかけまくるのよねw
そこがいいの

 

121

>>103
首切り役人ってもう一人いましたよね?

 

140

>>121
魔族側にとって戦犯級のやらかししたからね。仕方ないね

 

148

>>121
あいつ生き残ってれば数的有利に加えてアウラと並んで人類に対しては必殺の攻撃能力持った伏兵が1人いる状態だったからな
フリーレンでもこの糸の対象は無理そうだって言ってるあたりフェルんやシュタルクに関してはあまりにも致命的な魔法

つまり戦犯

 

166

>>148
あの糸でシュタルクの首落とせる気が*ーw

 

169

>>166
あれ、俺またなんかやっちゃいましたか

 

190

>>103
リーニエにトドメさしたシュタルク絶許

 

109

原作とは左右逆にしたのね

(出典 i.imgur.com)

シュタルク右利きだし右手でトドメ指す方が自然だもんな

 

117

>>109
漫画だとページめくりやコマ割りの都合があるからね
原作だと視線誘導の都合で左肩を切ってると思う
自然に次の左コマに目がいくから

 

130

>>109
このアニメ化で目立つ改変
左右や前後などイマジナリーラインが
動画になった事で都合が悪いので変更されまくってる

 

111

>>79
それもあるんだろうけどフェルンはたぶん純粋に魔法の才能が凄いんだと思う
それをフリーレンという対魔族に特化した魔法使いが一から磨き上げた結果なんだと思う

 

125

>>111
まぁ魔法の射出のスピードってもろ才能の差だろうからな
バレーボール選手の身長とかポケモン対戦の素早さ絶対遵守とかそういうレベル
技術や技とか体力では勝ってても速さ(高さ)の1点負け出るだけでゴリ押されるからなマジで

 

118

>>46
正確にはシュタルクの防御が高くて致命傷を与えられなかったのもあるはず。
シュタルク対しては手数で削り、急所切り裂いて、出血多量昏倒や嬲り*狙いすればいけると思う。
アイゼンの戦い方に拘りあったぽくて、パワーファイターしてたのが敗因かと。
ようは「美しい魔闘家鈴木」なんだよ。

 

119

アイゼンの頑強さってドワーフ種の生来のモノから来る能力かと思ってたんだが
種族が違う弟子に頑強さを伝える事が出来るとするなら生来のモノでは無いのかな?

それとも、シュタルクがただただ人間離れして丈夫なのかな?w

 

158

>>119
自分の妄想だが、魔力が動きや筋肉に流れているというなら、
魔法を使うほどの魔力がなくても、
訓練で筋肉に永続強化している感じじゃないかな?
防業魔法が瞬間で100のDEF展開できるとして
戦士が1日の訓練で、才能✕0.1のDEFを筋肉に付着させるみたいな。
で同等の効果得るためには1000日などの訓練が普通はいるとか。

 

123

師匠と比べると劣化してるはずのリーニエの攻撃でシュタルクが度々ダウンしてたのって、
「軽い脳震盪起こして意識が少しの間飛んでた」みたいな感じなのかな。
リーニエは戦闘慣れしてるだろうから容赦なく頭などの急所を狙ってくるだろうし。

 

135

>>123
「ヒィ!師匠と同じ技だよ~!怖いよ~!」(思考停止)

「あれ?大したことなくね?」(なんかいろいろ気付く)

「殺るか!」

と、シュタルクさまはメンタルに左右されまくりなのです

 

138

>>135
シュタルクは師匠大好きな癖に師匠にしごかれたことがトラウマになってるのかと思うと草。

 

155

>>135
肩口に入った傷は結構深かったからな、メンタルゲージがそのまま防御力に足されるシステム

 

124

 

154

>>124
ありがとう
でもスマホだとうまくできんかったよ

 

126

魔族 長寿だが、子を育てない
人間 短命だが、子を教育する

どちらが魔法技術を進化発展させられるか?

 

133

>>126
もし魔族が子育てをする習慣を身に付けたら無敵…?

 

136

>>133
それに近いのが、エルフが人間を鍛えたことなのかも

 

141

>>136
なるほど。
…つまりフリーレンとフェルンは擬似的な親子関係にあると言えるのか。

 

127

>>950
>>2にテンプレ貼り忘れてました。ごめんなさい
●STAFF
原作:山田鐘人・アベツカサ 「葬送のフリーレン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:斎藤圭一郎
シリーズ構成:鈴木智尋
キャラクターデザイン・総作画監督:長澤礼子
音楽:Evan Call
コンセプトアート:吉岡誠子
魔物デザイン:原科大樹
アクションディレクター:岩澤 亨
デザインワークス:簑島綾香、山﨑絵美、とだま。、長坂慶太、亀澤蘭、松村佳子、高瀬丸
美術監督:高木佐和子
美術設定:杉山晋史
色彩設計:大野春恵
3DCGディレクター:廣住茂徳
撮影監督:伏原あかね
編集:木村佳史子
音響監督:はたしょう二
アニメーション制作:マッドハウス
●キャスト
フリーレン:種﨑敦美
フェルン:市ノ瀬加那
シュタルク:小林千晃
ヒンメル:岡本信彦
ハイター:東地宏樹
アイゼン:上田燿司
クヴァール:安元洋貴
フランメ:田中敦子
●OP/ED
OP主題歌:YOASOBI「勇者」
ED主題歌:milet「Anytime Anywhere」

 

131

>>950
>>3にテンプレ貼り忘れてました。ごめんなさい。

原作最新を語りたい方はコチラ
【山田鐘人】葬送のフリーレン 65年後(ワッチョイ有)【アベツカサ】
https://kizuna.5ch.net/test/read.cgi/wcomic/1698238619/

 

132

生涯を魔法に捧げる魔族が使う魔法が摸倣だけってのもな
色んな達人の摸倣やら摸倣を越えるならともかく劣化でしかないとか
魔法でやる意味あるのかと

 

144

>>132
模倣する魔法なんでその追求は完コピになるんじゃね
メシマズみたいな一味加えたりはしないのでは

 

152

>>144
リーニエが生き延びて研鑽を続けていたらそのうち筋トレをはじめるように

 

157

>>144
いくら極めても摸倣相手と同等で上回ることができないとか湿気た魔法すぎる
魔法より武術極めた方が強くなりそう

 

160

>>144
模倣する魔法の弱点はオリジナルと戦ってもたぶん勝てないこと
なぜならオリジナルは自分をわかってるから長所も短所も実践で熟知してるから

 

168

>>160
あとオリジナルは常に限界を更新できるしな
ワンテンポ遅れる摸倣じゃ勝てない

 

174

>>168
模倣は今その段階でのレベルだから永久に進化や進歩はないし
それを越えたら模倣ではないし

 

177

>>168
でも、もし全盛期アイゼンが模倣魔法を使えたらヤバくね?

 

180

>>160
相性ってのがあるので
オリジナルと戦うときに本人の真似はしないだろう

 

184

>>180
それを上回るための知恵と勘と経験ですよ

 

175

>>132
魔族の寿命で模倣する魔法は極論模倣だけしたら逃げてその使い手が*の待てば良いだけだし
模倣はストック数による手数が利点で相手の弱点を見極めて戦い方変えればいくらでもいけるやろ

リーニエの反応速度を上回るぐらいの速さで近づいて一撃で*る戦士以外に対しては基本必殺だと思う、投げ槍とか投げナイフも武器創造して使いこなせてるからな
接近戦しか脳がない戦士はあれだけで割と致命的じゃね

 

134

魔族はあまり仲間意識とか家族意識なくて長い命で自己研鑽してて数はそれなりなんだろうか
人間襲うのは沢山いて弱く襲いやすくて魔力面の栄養が良いからなのかな
人間は群れたり組織として戦ったり数いたり稀に突出した才能が生まれたりで太く短そうだな

 

150

>>134
イワナガヒメ (磐長姫)とコノハナサクヤヒメ (木花咲耶姫)みたい

教育+短い世代交代のほうが強い?

 

139

タイトルのアウラはちょっとしか出てこなかった

 

159

>>139
第三者にたっぷり語らせただろ?

 

146

シュタルクって腕に穴空いてた筈なのに、数時間で
「動くようになってきた」
とか、人間じゃあ無い可能性あるよね?w

 

151

>>146
あれは伯爵と一緒に教会?で回復魔法受けてるでしょ

 

165

>>146
異能生存体なのかも知れん

 

183

>>165
シュタルクが飲むグラナトのコーヒーは・・・苦い

 

161

魔族は子育てすらしないんだから、弟子なんてとらないよね?w

つまり、リュグナーとリーニエの魔法は失伝してしもうたのか

 

172

>>161
ゾルドラークの克服は1度はしたんだから(キリッ)

 

167

フリーレンが二人で勝てると判断した根拠は何なのか
二人の能力なら並の魔族に遅れは取らないとみたのか
最初に見た時に相手の力量を見抜いたのか
ドラートが弱すぎてこれならいけると思ったのか

 

173

>>167
ドラートはフリーレンが相手だから弱すぎて見えただけだと思う
たぶん、シュタルクにとってはリーニエより遙かに危険だわ

 

179

>>167
牢屋でも言ってたよね
今の魔族はだめだ…

 

181

>>167
相手の力量を見切ったに一票
戦力の優劣は相対的な物なんで

 

187

>>167
魔力の量で実力は見た上で言ってると思う
本人が自分より魔力低い相手に負けた経験あるから
それだけでは判断してないかもだけど

 

170

最初は魔法が岩に届かないとか言ってたのに成長しすぎだろ・・・

 

191

>>170
でもあれおかしい距離を訓練させられてたから…。
元々気配が薄く、魔力隠蔽や気配察知に優秀な才能持ち。
ハイターが勇者パーティ基準で遠距離射撃習得させようと、スナイパー型にする。
それをフリーレンが引き継ぎ、連射スピードと防業回避優秀なゴルゴに仕立て上げてるからな。
特殊で強力な魔法持ちでも、発動させる前に封*ろという対人ビルド。

 

176

クヴァール戦前の防御魔法修行もそうだけど
ハイターと交わした「友人から預かった子を死地に送るつもりはない」を
ただの断る口実じゃなくてその後も守ってる感がある

こういう言葉を大事にする感じは割と好き

 

182

>>176
でも、フリーレンってわりとスパルタだよな

 

185

>>182
弱いと命に直結するからな

 

189

>>182
フリーレン様は防御魔法の特訓のときに「生存率に直結する」と語ってたので
とにかくしぶとく生き残ることに注目してるかと

 

192

>>182
*せないためのスパルタだろうね

>>188
言われてみると確かにそうだね
よく出来てるな

 

188

>>176
今回の「言葉をとことん蔑ろにする魔族」との対比になってるね

 

195

人類を油断させるためにスカートの中はパンツで戦えよ!
あんなカボパンですらないの履いてるから負けたんだぞ!

 

197

>>195
色仕掛けとかそこら辺の理解はまだできないのが魔族

 

198

>>197
でもパンツを見せれば油断すると理解すれば恥じらいもなくできるのが魔族だろう

 

196

リーニエの目つきコワ


(出典 i.imgur.com)

 

199

>>196
普段がこんなだからこそ、笑った時の破壊力は最凶なんだぜ
ツンデレの基本だ

 

ABOUT ME
晴さん(haresan)
アニメのまとめブログを運営しています。 男子2児の母、単身赴任で平日ワンオペ子育てと仕事のかたわら、本ブログを運営しています。 Twitterでフォローして頂けると喜びます♪
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です