スポンサーリンク
本日の人気記事
ピックアップ記事
葬送のフリーレン

【結論】『葬送のフリーレン』シュタルクのはちっさくない、ハイター様のがデカすぎるだけなんだwwwww

 

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン、英: Frieren: Beyond Journey’s End)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞受賞作。…
112キロバイト (17,241 語) – 2023年11月14日 (火) 10:16

(出典 m-animekara.blog)

 

何の話かはまぁ置いといて………。

 

700

>>681
元々痛ぶる趣味は無いんじゃね?
首斬るけど動いたら苦しむよ程度の話

 

702

いいかフリーレン、今から一切GUIは使うな、全部コマンドで処理するんだ
一生だ

 

710

>>702
Lynx使いになるのか

 

725

>>702
フリーレンの生き方が覚悟決めた苦行じゃなくて、むしろ自然体の居心地よい毎日に思えてくる人もいそうな例えだぞ

 

714

シュタルクだってあんなにカッコいいのにちっさいし

 

724

>>714
ちっさくないし!

 

717

ハイター様のがデカすぎるだけなんだ

 

721

>>717みたいに「比較対象がハイターではなく実父」を否定する魔族が定期的涌くのは何でなん

 

722

>>721
子供の頃の記憶ならデカいかもな
ガイジンだから通常時からデカいし

 

726

>>722
ハイター様がモノを見せる時はいつもデカくなってた・・・ゲフンゲフン

 

728

フリーレンは陰の実力者になりたかったわけだな
仮面つけてジョンスミスと名乗らせよう

 

733

>>728
目的のためなら手段を選ばないヤバイ奴と
手段のためなら目的を選ばないヤバイ奴を一緒くたにするのはどうかと思う

 

729

そりゃ1000年生きてる内の10年なんて数ヶ月や、半年みたいな感覚だろうからな

逆にそんなに喜怒哀楽出して生きてたら持たない

 

735

>>729
どこへのレスかよくわからんが、
取りあえず人間(エルフ含む) 年月経るだけじゃそんなに悟れず変わらないものだぞ
フリーレンは子供の頃からずーっと淡泊で生活力はなかったんじゃない?

10年かけて少しでもフリーレンを変えたヒンメルは偉大だ

なお、もしかして500年くらいかけて頑張って自立したフリーレンを僅か数年で堕落させたフェルンよ……

 

766

>>735
フェルンはSっ気あると見せかけてかなりのダメ人間製造機だから

 

730

魔王の幹部クラスの残党がまだ健在ってことはヒンメル一行は魔王一点突破で行ったのか
RPGなら珍しいな

 

731

>>730
ネタバレ誘発はやめましょう

 

764

>>730
強い相手とは南の勇者が戦って南の勇者は負けた

 

734

>>566
原作知らないがアニメ見ただけでもアウラちゃんでも見抜けなかったフリーレンの魔力を初見で見切ったからその辺りの眼力とかパーティ組むプロデュース力みたいのがあるんじゃないかな

 

761

>>734
ワイはアウラちゃんで見抜けるぞ

 

737

相手の実力なんか傍目にわかるわけないんだから
常に奇襲で失敗すれば即にげればいいだけやん

なんでまんがっていちいち正面から話しかけてゆっくりたたかうのかわけがわかんねえ

 

739

>>737
そういうマンガも多いけど、
取りあえずこの作品は、
・気配とか魔力とか隠して奇襲するのは基本
・話しかけるのは相手を欺き嵌めるため
のパターンがよく出て来るやや珍しい部類だぞ

 

746

>>737
そんなド素人同士の戦闘を前提にされても困るわ

 

750

>>746
何も知らないんろうけど実際戦争の戦闘がこれた

 

760

>>750
現実の話なんぞ知ったことかボケ
お前はフィクションと現実の区別すらつかないアホなのか?

 

771

>>760
論破されたからってファビョるなよゴミ
お前が現実の素人とプロ言いだしたからプロの話してやったのに

 

774

>>771
俺がいつ現実の話なんかしたんだよ
大嘘つくなよアホ
これだから魔族は困る

 

768

>>746
玄人発見

 

743

>>598
また拾えばいいじゃない

 

744

>>743
アウラ乙
フリーレン様に自害させれれっぞ

 

745

>>655
そういうところがガイジっぽい

 

751

奇襲は子供が武芸者に勝てる最強の戦術

実際清河も竜馬もみんな奇襲で*だ

 

767

>>751
紀元前からある有名な物語集にもデービッドがゴライアスを印字打ちで倒す話があるな

 

752

猫の親子を見て感じたがこの話はフリーレンの壮大なペットロスの話にも読めるんだね
一言でペットと言っても人によっては配偶者や恋人より濃密で愛に溢れた時間を過ごし短くともかけがえのない存在になる
失ったら二度と立ち直れない人もいる
生きる速度は違い同じ時間を過ごしたのに先に逝ってしまう

 

754

>>752
言っとくと俺は猫の親子の人ではない
猫の親子の人を見て感想を持っただけ

 

753

宮本武蔵「呼んだ?」

 

765

>>753
小次郎を多人数で袋叩きにした挙句 すっかり忘れてバギに普通とか言った人は遠慮してください

 

769

>>765
それ坂本龍馬と同じで創作やぞ

 

756

ここまでの話を見ておいてヒンメルをペットに例えるのはサイコパス入ってると思う

 

758

>>756
いや生物としての生きる時間の長さの違いを例えただけでさすがに人間をペットとは思ってないよw
あとペットでも恋愛より濃い愛が生まれるしその人の人生を変えることもある

 

770

>>758
ペットを飼う場合飼い主はペットを愛している自覚がある
だから愛情が失われた=ペットロスになる

フリーレンの場合はヒンメルへの想いもヒンメルから向けられた愛情(恋愛だけじゃなくてね)を今ひとつ考えないままヒンメルの寿命がきちゃった
フリーレンの涙は愛情が失われたからではなくちゃんとヒンメルに向き合わなかった後悔の涙だよ

 

757

すんごいペット好きだとそういう意識ないのだろうけど
人を動物に例えるのは一般的には侮辱と取られるんでやめた方が良いよ

 

784

>>757
アスペルガーってかわいそ

 

759

ヒンメルは非実在青年じゃない

 

762

>>759
アウラ、成仏しろ

 

776

経済動物の分際で家族とか片腹痛い

 

788

>>776
ウマかな

 

777

アウラ「ヒンメルはもういないじゃない」
フリーレン「怒」
アウラ斬首

アウラメスガキ人気がでる
しかし「アウラはもういないじゃない」
こういう運びになると良いな

 

791

>>777
アウラは*だ、もういない!
俺の背中にこの胸に一つとなって生き続ける!

 

778

ペットに失礼て⋯
飼い主に失礼ならまだわかるがなんで畜生に礼を尽くさにゃならんのだ
ペット並の知性かよ

 

781

>>778
キミ、子供が飼ってたカメの死骸をゴミ箱に捨てそう

 

789

>>781
失礼っていうのはこういう人のことだぞ

 

792

>>789
捨てないの?

 

782

*だ犬は犬じゃない
犬の形をした肉でございます

 

786

>>782
寄生獣発見

 

787

>>782
新一乙

 

ABOUT ME
晴さん(haresan)
アニメのまとめブログを運営しています。 男子2児の母、単身赴任で平日ワンオペ子育てと仕事のかたわら、本ブログを運営しています。 Twitterでフォローして頂けると喜びます♪
ピックアップ記事
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です